2005年01月10日

JIM BEAM BLACK

jimbeambSugar Heelのレギュラーメニューに【JIM BEAM BLACK】が加わりました。

【JIM BEAM BLACK】
バーボンで世界売上No.1を誇る「ジム・ビーム」の最上級品です。
8年余りの長期熟成を経た味わいは、逸品と呼ぶにふさわしい格調を感じさせます。
また先頃実施された「2003 The Beverage Testing Ins.」 主催のテイスティングテストでは、ウイスキー部門No.1の93点にもおよぶ最高得点を獲得しました。

ジム・ビームはバーボンのトップ・セラー・ブランド。
ビーム家の祖先はドイツからの移民であり、ベームという家名をアメリカ式のビームという名に変え農業に従事していました。

続きを読む
posted by Sugar Heel at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

Old Grand Dad

Old Grand DadSugar Heelのレギュラーメニューに【Old Grand Dad】が加わりました。
スコッチは相変わらず増えませんが、バーボンは力を入れて捜索しています。

【Old Grand Dad】
1796年に設立された歴史在る蒸留所。ラベルに描かれたやさしそうな笑みを浮かべるお爺さんが、オールド・グランダッドで、創始者のベージル・ヘイデンである。
その後、孫にあたる3代目レイモンド・B・ヘイデンが、1882年祖父の業績を称え自社製のプレミアム・バーボンに「オールド・グランダッド」という酒名を付けた。

続きを読む
posted by Sugar Heel at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

Blanton's のボトルキャップ

bllanton002宝酒造株式会社様からご提供頂いている【Blanton's】ですが、このボトルキャップは8つの種類があります。
同じように見えるボトルキャップですが、それぞれ微妙に異なった形をしています。
現在Sugar Heelにある3本の【Blanton's】は。。。
BLANTON2という8種類のうちの【B】【A】【N2】があります。
日本のあるバーでは、【Blanton's】のボトルが空く度にボトルキャップを飾っているそうです。
Sugar Heelの【Blanton's】はどこまで増えるか?
予想より低価格で入荷する事になったので、当初の価格設定を変更しました。

【Blanton's】46.5度、750ml:RMB 900- → 800-
posted by Sugar Heel at 03:19| Comment(2) | TrackBack(0) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

Booker's

Booker'sSugar Heelに続々と持ち込まれるバーボンウィスキー、今回は【Booker's】が登場しました。
このバーボンは「スモール・バッチ・バーボン」の最高級品。
マスターディスティラーであった名匠ブッカー・ノォにちなんで名付けられました。
製造工程で割水や濾過を一切せず、樽から直接瓶詰めされている世界で唯一のバーボンで、樽出しまでには平均6〜8年の熟成年数を要します。


続きを読む
posted by Sugar Heel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(6) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

JACK DANIEL'S MONOGRAM

jdmonoSugar Heelの酒棚に【JACK DANIEL'S MONOGRAM】が加わりました。
シンガポールとアメリカ向けのボトルでコレクター向けに発売された限定版です。
ボトルをデザインしたのはミッシエルオズボーンという有名デザイナー。
『JD』のシルバーモノグラムが冠されたボトルが革袋に入ったアーティスティックなデザインです。
少し加水された94プルーフならではの芳醇で厚みある味わいで、極めて上質なテネシーウイスキーです。
posted by Sugar Heel at 01:20| Comment(0) | TrackBack(6) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

Maker's Mark社からの手紙

pdf2
世界中のファンの皆さまの支持がこれほど爆発的なものになるとは、正直なところ予測ができませんでした。その結果、いま、世界各地でメーカーズマーク レッドトップの品薄状態が発生しています。手づくりによる生産が、どうしても需要に追いつかないのです。ご承知のように、メーカーズマークは原料の仕込みから封蝋にいたるまで、手づくりによって最良の品質をお届けしている、バーボンの中のバーボン。
続きを読む
posted by Sugar Heel at 00:02| Comment(6) | TrackBack(6) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

FOUR ROSES SINGLE BARREL

4rose1Sugar Heelの持ち込みボトルに FOUR ROSES SINGLE BARREL が加わりました。
一樽から235本しかボトリングできないという、手作業で作られたお酒。。。
50度という高いアルコール度数ですが、ロックでしばらく放置しておくとまろやかな風味へと変わります。

FOUR ROSES のラベルは、創設者がプロポーズした時のエピソードに因るものです。
胸に薔薇のコサージュを付けて返事をするというもので、願い通り彼女の胸には4つの薔薇のコサージュが飾られていたそうです。
そして創設者のポール・ジョーンズは FOUR ROSES という名前のバーボンを造ったと。。。
なんかいい話です。。。

続きを読む
posted by Sugar Heel at 00:30| Comment(0) | TrackBack(6) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

EARLY TIMES 物語

earlytimes

日本で仕入れたバーボン第二弾は、EARLY TIMES。。。
誰でも知ってるお酒です。

続きを読む
posted by Sugar Heel at 08:00| Comment(3) | TrackBack(6) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

I.W.HARPER 物語

iwharper

せっかく日本に行ったので、北京では買えないお酒を購入してきました。
という訳で今回は、I.W.HARPER のお話です。
遭えてスタンダード、12年ではありません。

続きを読む
posted by Sugar Heel at 08:15| Comment(0) | TrackBack(6) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

JACK DANIEL'S 物語

 
持ち込みボトル第一号は「JACK DANIEL'S Silver Select」となりました。
という訳でJACK DANIEL'S の話。。。
 
1850年ジャック・ダニエルは13人兄弟の一人として生まれ、わずか7歳でダン・コール家に雇われ働き始めました。
 
続きを読む
posted by Sugar Heel at 19:10| Comment(3) | TrackBack(6) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。