2005年03月16日

サイトを更新する事

yasumi.jpg週一度の【北京生活】というコラムを設定して、昨日突然頭に浮かんだ事。。。
「俺っていつまでこのサイトを更新し続けるんだろ?」
これまで【クラブ花城】【'49ers】【Sugar Heel】と3店舗の宣伝として続けてきたサイトの更新、2002年12月からほぼ毎日欠かさずに行ってきた。
日本へ移動するドタバタした日も、酔っ払ってベロベロになった日も、なぜかサイトの更新は欠かさなかった。
学生時代、ほとんど学校に行っていなかった僕が、一日も休まず続けてきた事というのは、仕事に関係する事だけだった。
勉強は嫌い、でも体は丈夫、、、会社を休んだ事はない。。。
常に自分でやらなければならない事に囲まれて、休む暇がなかった。

続きはコチラ
posted by Sugar Heel at 00:00| Comment(28) | TrackBack(2) | 北京生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

性癖の変化

seiheki.gif中国では若い子と簡単にエッチな事ができてしまいます。
日本で援助交際の相手を探すよりも簡単でしょう。
カラオケ屋さんに行って女の子を指名して持ち帰る。
入店時にお持ちOKの子を頼んでおけばトラブルになる事もありません。
支出も日本よりも安いかな?というレベルです。
選んでデキルという事を考えれば、日本よりも安いでしょう。
同じ金額で日本でする事を考えると、やはり早朝ソープなどの割引を狙わなければなりません。
とにかく、安く若い女の子とエッチな事ができるという環境が整っている中国です。
しかし、こんな中国に長く居ると、エッチに興味がなくなってしまうという状況に陥ってしまいます。


続きはコチラ
posted by Sugar Heel at 02:39| Comment(9) | TrackBack(0) | 北京生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

夜空ノムコウ〜♪

yozoranomukou.jpgあれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ
夜空の向こうには 明日がもう待っている〜♪

28日の夜、女人街に新しく鉄板焼き屋さんが開店しました。
安家路で百合亭を開けているおばちゃんの2号店です。
どんな料理を揃えているのか?テキトーに出して!って言ったので良く判りませんが、久し振りに日本の手料理って感じのモノを食べました。
肉ジャガやらなんやら、特に豪華な料理ではありませんが、肩の力が抜けて良かったです。

その帰り道、ボケッと寒空を歩いている時に夜空を見上げました。
その時にフッと思い出したのがSMAPの【夜空ノムコウ】
北京で生きている自分、20歳の時に初めて北京にやってきて早18年目、これからどう生きていくのか?
どういう人生になっていくんだろう?と考えてしまいました。

続きはコチラ
posted by Sugar Heel at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 北京生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

日本人童貞

japan.jpgもう長いこと日本人とエッチしていない。
中国での生活が長くなり、周りはすべて中国人。。。
日本人女性と話す機会もない。
エッチ以前に会話の機会もないというのは如何なものか?
とりあえず、日本人的な性習慣からは程遠い自分がいる。
結婚していた頃を振り返って、どうやってしてたかな〜と考えてみても、同じ事を今ヤレと言われてもできそうにもない。
自分で考えるに、中国人女性との性交渉は打算的な意味合いが強いと思う。
こう書くと反感を買いそうだが、やはり言葉の壁がある以上、痒いところに手が届くといった関係にはなれない。
どこかいつも不満に感じるところがあって、なにか物足りなさを感じてしまう。
女の子の方としたら感情が伝わらない部分を態度でカバーしてくれようとする訳だが、それに不満を感じてしまう我侭な自分がいる。

続きはコチラ
posted by Sugar Heel at 01:16| Comment(25) | TrackBack(0) | 北京生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

不動産は買い時か?

chinare2.gifこちらで長く生活していると「家買わないの?」とよく聞かれます。
確かに毎月払っている家賃を考えると、買った方が安いような気もするのですが、どうにも踏ん切りがつきません。
物件を所有してしまうという事は、即ち簡単には引越しできないという事に繋がってしまいます。
日本でも家を買って人に貸すよりも自分で住む人の方が一般的です。
やはり一度買ってしまうとなかなかそこから引っ越すという気にはなれないでしょう。

【Sugar Heel】のお客様の中に、不動産仲介業を営まれている方がいらっしゃいます。
こちらの方のお話ですと、やはり買った方が良いとの事。。。
賃貸物件というのは、毎月お金を捨てているようなものだと言われました。

続きはコチラ
posted by Sugar Heel at 03:07| Comment(7) | TrackBack(1) | 北京生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

北京浦島太郎

urashima.jpg男が異類の妻を得て異界で暮らすが、やがて望郷の念に耐えかねて妻と別れ現世に帰る。
しかし現世では膨大な時間が過ぎ去っており、男の帰る場所はなくなっていた……。

1,<異類婚姻〜異界>男が異類の女に招かれ、結婚して異界で暮らす。
2,<現世への帰還>男は故郷が恋しくなり、妻の反対を押し切って帰還する。
3,<妻との約束>妻は、帰還する夫に「決して○○しないように」と約束させる。
a,渡した箱・袋を開けない。
b,果実を食べない。
c,大地に足をつけない(乗り物から降りない)。
4,<超時間の経過>故郷では膨大な時間が過ぎ去っていた。
5,<バッドエンド>男は妻との約束を破る。
a,男は死ぬ、老人になる。
b,男は死ぬが、神になって妻の元へ帰る。
c,男は妻の加護を失う、二度と妻の元へ帰れなくなる。

続きはコチラ
posted by Sugar Heel at 01:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 北京生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

ボス猿とは?

bossmon.jpg北京日本人村で生きていく為には、村八分にならないような処世術が必要になります。
とても狭い村ですので、噂話はあっという間に広がります。
たった数日で尾ヒレが100mぐらい付いてしまう事も珍しくありません。
この北京日本人村では、普通の人でもスキャンダルの題材になってしまう事もあるのです。
「誰と誰が何してた!」些細な事でもネタに飢えている北京日本人村の住人は面白おかしく語ります。
一昨年などは僕の知り合いが飛び降り自殺したなんて噂話まで登場したぐらいです。
噂話というのは、本当に怖いものです。


続きはコチラ
posted by Sugar Heel at 03:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 北京生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

個人的な事 1

topmenu_r1_c3.gif現在、北京では一万人前後の日本人が暮らしていると言われています。
この一万人という数字を日本で例えるなら、伊豆七島の大島に相当します。
たったそれだけの規模です。
改めてとても狭い世界で生活をしているんだと実感します。

島には島の仕来りがあるように、北京にも北京特有の上下関係や仕来りが存在します。
僕が初めて北京空港に降り立ったのは1987年の4月、北京市内には入らずに、そのまま工場のある万里の長城の麓へ直行しました。
時間にして6時間、当時は高速道路もなく、大変辛い道程でした。

続きはコチラ
posted by Sugar Heel at 14:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 北京生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。