2004年10月03日

Sugar Heel募金箱

 
Sugar Heelのカウンターには1元(13円)に満たない小銭を入れるガラス瓶があります。
まぁちょっとした募金箱のようになっているのですが、紙幣が多くあっという間に一杯になってしまいます。
 
中国では1元の1/10である1角(1.3円)という紙幣もあり、満タンになってもいくらでもありません。
更にそれ以下の紙幣もあります。
1歩(0.13円)という玩具のお金みたいなモノもあります。
日常生活では使う機会はほとんどありません。
こういった小銭が毎日のように溜まってしまうのですが、コレをまとめてお店に持っていっても、素直に受け取ってくれません。
やはり面倒臭いんでしょう。
 
小銭をまとめて使うという事で、リオデジャネイロで面白い事件がありました。
32,000枚ものコインで電化製品を購入した男。。。
なんでもクレジットカードを使うのに「待たされた」という事で、2年かけて小銭を集めての復讐だそうです。
中国でクレジットカードを使うのに待たされる、、、こんな事は日常茶飯事です。
 
もっと酷い目にあったらSugar Heelのガラス瓶からお金を出して、買い物にでも行きましょうか。。。
posted by Sugar Heel at 19:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
あの時の募金箱、スゴイことになっちゃいましたね。
1元に満たないお金って出張者は使うところが限られちゃうので、なかなか使えません。
この前の出張のときは、この箱に入れさせてもらって全部なくしたつもりだったのですが、
空港で人民元を日本円に両替したら、またもらっちゃいました・・
今度、持って行きますね。
Posted by あか@自宅 at 2004年10月03日 21:51
小額紙幣はクリップで束ねて、駐車料金を払ったり、スーパーで買い物したりして使っています。コインの使い道が少ないので困っています。
でもコインには色々な価値があるのがあるので、発行年を確認してから使うようにしてます。
1分コインにはレア価値があるのが含まれているようです。ただ、高くても10元くらいにしかなりませんが、、。最後は溶かしてアルミの塊として売ったほうが価値が出るのではとも考えております。
Posted by 有閑主夫 at 2004年10月03日 21:59
たまにタクシーで5角を4枚とか貰っちゃうんですよね。
うーーと思って受け取ってます。
そのまま持ち帰ってSugar Heelの募金箱行きです。
果物とかを買った時にもらう折り畳んでまとめた角ってのもイヤになります。
コインに至っては使った事もありませんです。
Posted by 店主 at 2004年10月04日 03:27
Posted by at 2005年03月05日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。