2004年09月14日

中国の雨合羽

kappa

自転車王国の中国、雨合羽も自転車仕様が中心となります。
この雨合羽は日本で使われている「着るタイプ」とはちょっと違い、おばけのQ太郎のように被るタイプです。

下にズボンを履かないので、下半身は思い切り濡れます。
でも腕から上半身にかけては、かなり保護されます。
良い点は着脱が簡単な事ぐらいしかありません。
それでも中国ではこの雨合羽が中心です。

今は日本でもこのスタイルの雨合羽が一部で販売されていますが、きちんと「着るタイプ」の雨合羽に慣れた日本人にどれだけ普及するでしょうか?
傘差して自転車に乗るのと変わらない効果。
メリットは片手運転よりも安全な事ぐらいです。


posted by Sugar Heel at 11:19| Comment(5) | TrackBack(1) | 店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実はこれ買って日本の子供にあげました。
彼は自転車通学しています。
雨の日は傘が邪魔になると言っていました。
彼曰く
”結構使いやすく尚且つ、学校で目立つので良いと言っていました。”

ただ、買ったのが上記写真と同じ黄色なので、
ダサい!と言われています。
Posted by とらじ at 2004年09月14日 12:52
日本ではずいぶん昔から有りますよ。丈はもっと長く、へたするとペダルに掛かるくらいで危ないです。
そのためかあまり売れてません。
Posted by ロートル at 2004年09月14日 16:49
>ロートル様
そうですかそれは知りませんでした。
頭から中国=自転車文化=自転車の小物は日本より
便利だと決め付けてしまっていました。
実際おっさんになってから自転車の小物って
日本でも見に行った事がありませんでした。
Posted by とらじ at 2004年09月14日 17:08
僕も日本では使っている人を見たことありませんです。
学校用品のカタログで見たことありましたが、それは透明でした。
Posted by 店主 at 2004年09月14日 17:37
これ、私も中国土産にいただきました。大変便利で使いやすいです。傘を持って片手運転するより安全です。
Posted by ひろちゃん at 2005年09月24日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

自転車通勤用雨合羽
Excerpt: 今まで使っていた自転車通勤用雨合羽が無くなったので、購入を検討。 条件は、以下の...
Weblog: 発声練習
Tracked: 2005-03-15 19:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。