2005年08月02日

保険加入に向けて

03_scene6.jpg昨日は【Sugar Heel】の給料日でした。
7月のお給料は月末で締めて翌1日払いの明朗会計です。
今は末締め翌15日などという支払い形態のお店もあるようで、女の子達には好評でした。
みんな、まとまったお給料が入るというのは嬉しいようで、いくら貯金する〜〜とワイワイしていました。
しかし、客観的に彼女達を見ていて思う事がありました。
彼女達の社会的立場ってどうなんでしょうか?
職歴とは言いがたい職に就き、将来的にも胸を張って威張れるような仕事ではありません。
今は若いから良いですが、これから先数年後にどのような状態になるのだろうかと考え、無性に心配になりました。
ある程度の年齢に達した時には結婚もするでしょう。
そうした時に、結婚相手になんと話すのか?
当然、夜の仕事をしていた事は隠すでしょう。
本来であれば隠す事は良くない事なのかもしれません。
しかし今の中国ではお金が全てといっても過言ではない状態。。。
そんな社会の中で満足な学歴もない人間は虐げられていくだけなのか?
僕自身が低学歴なので余計にそう感じるのかもしれませんが、なんとかしたいと思うのが人情。。。
そこで社会で働く最低限の保証という事で、社会保険に加入するべく動いています。
基本的には2〜3ヶ月間、良い評価のできる勤務態度という事を前提条件として考えています。
きちんと仕事をしている人間ならば、夜の仕事とはいえ保険に加入させるべきなのではないかと。。。
女の子ですから、男にはない病気などもありますし、これだけ自動車事情の混乱している北京では、いつ事故に遭うかも判りません。
いざという時の為に保険加入、日本の飲み屋の女の子達が国民健康保険に加入しているように、北京でもそれができないか試してみたいと思っています。
北京では、養老・医療・労災・失業の4つがセットになった保険加入が義務付けられています。
今回、この保険に加入するべく、昼間の貿易会社の定款書き換えも含めて検討しています。
昼間の貿易会社に籍を置いて【Sugar Heel】で働く事になれば、保険加入もスムーズになります。
小姐に社会保険、、、また誰もやらなかった事にチャレンジしてみたいと思います。
posted by Sugar Heel at 12:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の中国、社会主義は既に看板だけで、一部の「恵まれた」人達を除くと、将来不安のある人がほとんどですもんね。特に地方から出稼ぎに来ている人達は。

是非実現できると良いですね!

ところで、最近立て続けにお金の相談を持ち掛けられ、ああでもないこうでもないと悩み、少々凹んでいます。機会があれば話を聞いて下さい。。。(苦笑)
Posted by す〜ぐ〜 at 2005年08月03日 12:24
パチパチパチなんかこう書くと茶化しているようですが違います。誤解しないで下さい。店主さんが考える事はさすが斬新ですね。やさしいですね。
私も女の子達と仲良くなると何時も何か言いようの無い気持ちになります。でもそんな気に入った子”全部まとめてどんと来い”なんて甲斐性もありません。是非達成してあげて下さい。お願いします。
Posted by とらじ at 2005年08月03日 12:37
保険加入はそれほど難しくはないようでした。
農民戸籍の場合、少し保険システムが違うとの事で、現在女の子の戸籍を調べています。
Posted by 店主 at 2005年08月04日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。