2005年05月21日

小姐にノルマ

shc.jpg名前:ペキンペンギン
年代:09才以下
性別:男

■ご相談内容
はじめまして北京駐在のペキンペンギンと申します。
Sugar Heelへも何度かおじゃまさせていただいています。
このほど小姐にノルマを与えたようですが・・・
根本的な問題を解決せずに、このようなやりかたはいかがなものかと思います。
過去のブログなども拝見させていただきました。

何度か来店させていただきましたが、確かに致命的にお客さんが少ないですね・・・
日本人を相手にしているお店なのに、日本語を話せる小姐が少ないのにも驚かされました。
クリスティーナ・リッチもビックリ!
私と一緒に行った方にハイジがついたのですが、帰りにかなり凹んでました・・・
彼女には悪いですが、あれでは客が逃げますよ。
マニアックすぎます。

エロが無いのであれば
各席をあのような高いパーテーションで仕切る必要もないのでは?
もっと開放的で清潔感のある方向を目指した方が良いような気がします。

いまいちお店のコンセプトが見えてきません。
好き勝手書かせていただきましたが、ブログを読ませていただき一生懸命さは凄く伝わってくるのですが、空回りをしているようで・・・

基本的には応援させていただきますので、頑張ってください!
近々おじゃまさせていただく予定です。


ペキンペンギンさん、ご来店頂きまして、ありがとうございました。
【Sugar Heel】は先月の反日運動からゴールデンウィークにかけて、集客能力に大きな問題が出ています。
これは、僕自身がカウンターに立たなくなった事、及びサイトの更新を定期的に行わなくなった事が原因としてあると思います。
またそれ以外にもご指摘頂いたような日本語環境の問題もあってリピーターとして訪れて頂くお客様が少ないのかもしれません。
僕はこれまで日本語環境に対して、別の角度の考え方を持っていました。
【日本語を話せる=業界が長い】という考え方で、どちらかというと日本語を話せる小姐は接客慣れし過ぎているという風に考えていました。
僕の中で接客慣れし過ぎてる小姐というのは、やはり裏があると考えてしまい、どうしても大量採用へは踏み切れませんでした。
実際、以前日本語対応可能な小姐を採用した事があるのですが、【Sugar Heel】で働いてもらって一週間で辞めてもらった経緯があります。
悪い言い方をすれば【腐ったりんご】、他の店の条件はどうだこうだと、まだ慣れていない小姐達に吹き込んだのです。
【Sugar Heel】では、あまり外の世界を知らない小姐を採用しています。
悪く言えば素人、よく言えば中国の素の女性と遊べる環境作りをするべく進めてまいりました。
その反動が日本語対応の未整備だったのです。

今回、ご指摘頂いた根本的な問題を解決するべく、6月1日よりリニューアルの為にお休みを頂く予定です。
日本語対応可能な環境を整え、まだ未使用になっている2部屋のみを内装し、カラオケを設置致します。
音漏れに配慮した内装を施しますので、現在のカウンター席・ボックス席は静かなまま維持できます。
また、各ボックスのパーテーションも低く下げる予定ですので、新たな開放感も得られる事と思います。

月末までに現在の小姐に与えたノルマというのは、リニューアル後に採用する予定の日本語対応可能な新人達に負けないだけの競争力を養わせる為です。
これまでの【Sugar Heel】では、ノルマを設けていなかったので単純に大袈裟に受け止めただけの事であろうと思っています。
実際、この業界はどこのお店でもノルマはあります。
ノルマ設定のない基本給制度を導入していたのは【Sugar Heel】ぐらいだったかもしれません。
サイトの集客に頼りきった現在の小姐達にどこまでの結果が残せるかは判りませんが、とりあえずの目標として掲げてみました。

最後にクリスティーナ・リッチですが、5月15日にて解雇致しました。
一部の方から接客態度に関して投書を頂き、本人に確認したところ「そんなこと知りません」と返事をされましたので、解雇しました。
「ごめんなさい」なら解雇しませんでした。
勘違いして頂かないようご説明しますが、他の小姐達からも証言を得て、お客様の投書が事実かどうか確認してからの行動です。

長くなりましたが【Sugar Heel】は、設備・価格・サービスの三方面を改善し、再度スタートするよう頑張って参ります。
エロのイメージがある程度払拭された今、良いタイミングだと思っています。

今後共、宜しくお願い致します。


posted by Sugar Heel at 13:44| Comment(11) | TrackBack(1) | 店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6月1日から改装ですか...
いつまでお休みの予定ですか?
普段あまりお邪魔していないので勝手で申し訳ないのですが、
お店が休みとなると少し寂しい気がします。
カラオケ、スナックと違うコンセプトは支持しておりますので、
早めの再開を期待しております。
Posted by Watchdog at 2005年05月21日 21:30
Posted by at 2005年05月22日 16:28
 6月の再開を楽しみにしています。正式に決まりましたら、サイトで紹介してください。

 クリスティーナ・リッチさんですが素朴で良かったのです。お客様に対する態度が良くないと、存在価値がなくなるのは仕方ありませんね。彼女自身勉強なったと思います。そう感じてくれればいいですが…
Posted by hiropii at 2005年05月23日 01:27
5月末までは通常通りの営業となっています。
お休み頂くのは予定では1週間程度、カラオケを装備して再開します。
Posted by 店主 at 2005年05月23日 14:00
25日から出張で行きます。時間があればお店を覗いてみます。
Posted by あさって北京です at 2005年05月23日 16:22
北京には様々な風俗があります。風俗床屋、風俗お茶屋、風俗会員制床屋、風俗サウナ、部屋で服を脱ぐキャバクラ、部屋でショーをしてくれるキャバクラなどなど、実は沢山あります。
ただ、行った事が無いところへ行くのはぼったくられるとか、安全かどうかという不安があると思います。
そこで、私が安くて安全な夜の観光案内をしようと立ち上がりました。私は日本人ですので、日本人とのあうんの呼吸も取れますし、中国語も問題ありません。
私のコンセプトは外人が行きつけのすれた子しかいない、値段が外人価格に設定されているような所には連れて行きません。中国庶民が行く安くて良いところへお連れするです。
ご興味がありましたら、メールください。dapao2004821@yahoo.co.jp
尚、そのほかにも、まじめな観光通訳、ビジネス通訳、貿易仲介なども経験がありますのでそちらもご利用ください。
Posted by 鈴木和夫 at 2005年05月23日 17:13
↑鈴木さんって、よその掲示板で書いてる「安い床屋さん」?
確かアドレスが同じような・・・
Posted by at 2005年05月23日 18:08
八日に北京入り&大人数でいきたいもんなんですがリニューアルオープンしとそうですか?
Posted by EVERTRIP at 2005年05月24日 13:55
>あさって北京ですさん
時間の都合が合えば、宜しくお願いします。

>鈴木和夫さん
一度、メール頂けませんか?
記事として扱いたいと思いますので。
Posted by 店主 at 2005年05月25日 10:39
今週お休みに入る前に行こうと思ったのですが、なかなか時間が作れず結局行けませんでした。

再開を楽しみにしています。
Posted by す〜ぐ〜 at 2005年06月01日 08:07
今週の木曜日から営業再開です。
今日はソファー買いに行ってきます。
Posted by 店主 at 2005年06月06日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

女に生まれたことで
Excerpt: 私がよく行く地元のレストランにQさん というとてもかわいいウエイトレス さんがいた。 まだ18歳。白くて健康的な肌に赤い ほっぺた。とてもかわいらしい。 社員たちと仕事の後に寄ったりすると、 私を..
Weblog: 中華的生活「多少銭?」
Tracked: 2005-06-22 11:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。