2005年01月31日

第一章:経営者・ママさん・従業員の心構え

snack100.gifその一【どんな店にしたいのか?】
“どんな店にしたいのか”と聞くときっと【儲かる店】という答えが多いだろう。
そんなことは当たり前、儲ける為にはどうしたらいいの?と考えてみよう。
北京の日本人常駐は1万人といわれている。
この内、一部の留学生と主婦・子供を除き、飲めないお父さんを除くと残りは3〜4千人くらいだろうか。
この人たちが月平均4回飲み出るとすると、延べ月間約15,000人となる。
この月間15,000人を北京70件といわれるスナックに振り分けると1件あたり約200人/月となる。
恐らく平均200人がお客の少ない店で、1/3の月間60人程度(不人気店)、多い店で3倍の月間600人くらいになるとであろう。
この月間600人・一日20人を目標とするために【スナック経営100の心得】を連載します。
またお客さんには良い店悪い店の判断となるかもしれません。
どうぞご期待を!

筆者:宇留瀬 親仁
posted by Sugar Heel at 15:53| Comment(5) | TrackBack(1) | スナック業界100の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出張者もカウントに入れましょう
Posted by よこっちょ at 2005年01月31日 17:06
多分、あとから出てくると思いますよ。
宇留瀬 親仁さんに期待しましょう。
Posted by 店主 at 2005年01月31日 17:33
自分は北京に平均月5日の出張ですが、約4日は飲みに出かけます。
Posted by SZGK at 2005年02月01日 00:58
自分は週3回Sugar Heelに行き、他店にも行きます。
「月平均4回飲み出るとする」とってちょっと少なすぎませんか。
Posted by ぶんちゃん at 2005年02月01日 01:13
僕は月一ぐらいで飲みに行きます。
個人的には3〜4千人も居ないと思うので、実数はそれくらいかもしれません。
SARS前でも一晩に街に繰り出す日本人は1千人程度と言われてました。
今はそこから更に減っているでしょうね。
Posted by 店主 at 2005年02月01日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1780547

この記事へのトラックバック

面接報告
Excerpt: 今日、一件の面接を行いました。歳は21歳でフリーター。体系的にはスリムで、性格的には物静かで非常に礼儀正しく好印象でした。っていうか、その場で撮影日までもう決めてしまったんですけど・・・。ルックスはあ..
Weblog: 素人ハメ撮りサイト制作日誌
Tracked: 2005-01-31 18:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。