2006年02月23日

100万人募集

ある方からの情報によると、今後2〜3年の間に中国で「栄養士」という資格が重宝されるようです。
現在、中国国内には食品を生産する工場が100万軒あり、その全てに栄養士の常勤が義務付けられる方向に進むそうです。
必要となる栄養士はこれからの育成、、、日本語やら英語を勉強するよりも、小姐の将来には役立つのではないでしょうか?
皆さんもご存知のように、小姐という職業には将来性がありません。
オキニができても、帰任したその後は何してるのかな〜?と気になっている方も多いことと思います。
今回の栄養士のようにまとまった需要があれば、自分のオキニの将来の為にも、ちょっと教えてあげるのもいいかもしれません。
日本でも栄養士という職業は、かなりの高齢になっても続けられる仕事です。
これから様々な法整備が進められていく中国、、、低学歴の人間でもまだ浮き上がるチャンスはあるかもしれません。
posted by Sugar Heel at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。