2005年01月21日

小姐管理

all小姐の管理に付いて色々と言われておりますが、お店の女の子に手を出すってのは正直言って考えられない事です。
某掲示板で書かれている内容というのは、Sugar Heelで働く女の子は全て僕が味見をしていると。。。
はぁ?って感じです。
こういった発想をされる方というのは、中国人女性と付き合った事がないんだと思います。
お店の女の子15人全てと関係を持つ、男なら夢のような環境かもしれません。
しかし、日本では可能な事でもこちら中国では無理なんです。

というもの、中国人女性は嫉妬心が極めて強い。。。

そんな子達と関係を持つ事は恐ろしくてできません。
手なんか出した日には、それぞれが「私が彼女!」なんて事を主張して、管理どころではなくなってしまいます。
ビジネスライクに考えれば、一度関係を持ってしまった異性というのは解雇するのも一苦労です。
通訳に手を出して面倒臭い状況に陥っておられる方、いらっしゃいませんか?

花城時代からエロ店主としてのイメージが強い僕ですが、そこで働く女の子達は至ってマトモです。
延べ100名を超える小姐を雇用してきましたが、囲われる小姐の多い事、多い事。。。
エロなお店としては、異常な程の囲われ率だと思います。
ドナドナ・非ドナドナ関係なく、花城・'49ers・Sugar Heelとも、優しい女の子達に恵まれているのが原因でしょう。
僕はエロ店主のイメージでOKですが、お店で働く女の子達はとても良い子です。
悪口は僕の事だけにしといて下さい。

最近、他のお店から移って来る女の子が増えてます。
稼げる稼げないとかのお金の問題ではなく、不公平のない居心地の良い環境というのが少しずつ伝わってきているんだと思います。
ほとんどがお客様からご紹介して頂いております。
ヤラなくてもアットホームな関係が築けるという事を判って欲しいです。
posted by Sugar Heel at 13:58| Comment(8) | TrackBack(1) | 店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただいま、ご登録者様を募集しております。
今ならまだ登録件数が少ないので
人気・アクセス共にランキング上位は
間違いございません。
ぜひこの機会にご参加ください。

http://blog-s.s101.xrea.com/
Posted by ブログサーチ at 2005年01月21日 16:25
この国での労務管理は、駐在の皆さんにとって、多かれ少なかれ本当にご苦労が多い頭の痛い問題だと思います。

そういう共通の問題について、何の関係もない他人が中傷するのを見ると、本当に寂しい、情けない気持ちになります。素性や考え方の違いなどがあることは認めますが、他人の人格に関わることを一方的に非難することは、私にはどうもなじめません。

なんて書くと偽善者とかって叩かれるんでしょうかね?(笑)
Posted by す〜ぐ〜 at 2005年01月21日 17:24
僕は日本人でこうやって反論する術を持っているので良いのですが、女の子達はその術を持っていません。
ウチのお店で働くと貞操観念がなくなるとか言われたのが一番ムッとしました。

Posted by 店主 at 2005年01月21日 17:48
店主さんのご意見に共感して、自分のブログにエントリーさせていただきました。
デマ・ガセ・アラシに負けないで、これからも頑張ってください!!
Posted by pandanokuni at 2005年01月23日 00:46
「ウサギは巣の回りの草を食まない」という言葉、とてもうまく表現して頂けたと思います。
中国のこういった基本的な事も知らないで騒ぎ立てる、了見の狭い輩の的になってしまう女の子達に申し訳なく思います。
ありがとうございました。
Posted by 店主 at 2005年01月23日 07:06
私も店主殿には49'sで会ってお話をしたことがあります。だからというか、そのときの人柄の印象から、私は店主殿がここで語られている話には信憑性を感じています。店主殿、つまらん誹謗中傷に負けないでくださいね。
Posted by at 2005年01月23日 20:37
今日、Sugar Heelで働いてる女の子のひとりに、 "ボクは150元の客だから。。" って言ったら、すごく怒られてしまいました。
"ウチの老バンはお金のためにお店やってるんじゃないのよ!!" って。
店主さん信頼されてます。がんばってくださいね。
Posted by X40 at 2005年01月24日 03:29
声援頂き、ありがとうございます。
ちょっとヘコんでおりましたが、元気になりました。

ウチの小姐と何かモメましたか?
お気に触る事がありましたら、お伝え下さい。
Posted by 店主 at 2005年01月24日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『ウサギは巣の回りの草を食まない』
Excerpt: 私が北京に着任する前、東京本社の中国人の同僚からもらった、餞の言葉でした。その彼も私同様、決して身持ちの固い奴ではなかったのですが、「中国には"兎子不吃窩草"と言う言葉がある。身の回りの女の子に手を出..
Weblog: ぺきん日記 ??中国・北京より??
Tracked: 2005-01-23 00:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。