2005年01月10日

JIM BEAM BLACK

jimbeambSugar Heelのレギュラーメニューに【JIM BEAM BLACK】が加わりました。

【JIM BEAM BLACK】
バーボンで世界売上No.1を誇る「ジム・ビーム」の最上級品です。
8年余りの長期熟成を経た味わいは、逸品と呼ぶにふさわしい格調を感じさせます。
また先頃実施された「2003 The Beverage Testing Ins.」 主催のテイスティングテストでは、ウイスキー部門No.1の93点にもおよぶ最高得点を獲得しました。

ジム・ビームはバーボンのトップ・セラー・ブランド。
ビーム家の祖先はドイツからの移民であり、ベームという家名をアメリカ式のビームという名に変え農業に従事していました。

1795年ジェイコブ・ビームがワシントン郡でウイスキー蒸留も手がけるようになりました。
ビーム家が蒸留業者として大きく発展したのは、ジェイコブから4代目に当たるジェームズ・B・ビームの時代。
ブランド名のジム・ビームは、彼の名にちなんでいます。
初代ジェイコブの創業から200年以上になる現在、オーナーは外部の人間になりましたが、ビーム家の子孫は代々同社で蒸留の仕事に当たっています。
ビーム社のバーボンの特徴は、@ホップを加えた培養液で酵母を育てる事・A原料のライ麦使用比率が高い事・Bサワー・マッシュ方式で発酵させるときに加える蒸留廃液の添加量が多い事・C蒸留および熟成の際のアルコール度が低い事などがあります。
【JIM BEAM WHITE】は4年熟成、軽い酒質でワインに似た風味を持ちます。
【JIM BEAM BLACK】は、8年は熟成によるマイルドな口当たりと、スムーズな飲み口です。

【JIM BEAM BLACK】43.0度、750ml:RMB 700-
posted by Sugar Heel at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | BOURBON物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもROMばかりなのですが、JIM BEAMのしかもBLACKのことが書かれていてうれしくなりました。
JIM BEAM とは20年ほど付き合ってます。
普段飲むのはWHITEばかりですが、少しばかりいいことがあったら飲むのがBLACKです。最近は飲んでませんねぇ・・。
上海ばかりで北京には行けないのですが、機会があればぜひBLACKを飲みに行きます。
そういえば、JIM BEAM RYEって言うYELLOW LABELもありましたよね。
Posted by k2 at 2005年01月10日 09:40
僕は量を飲む方ではないので、いつもブラックラベルを選びます。
JIM BEAM ならBlack、FOUR ROSES でもBlackです。
中国では FOUR ROSES のBlackが入手できないのが残念です。
RYE も見たことないですね。
Posted by 店主 at 2005年01月10日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1523521

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。