2004年12月30日

現代城にもセブンイレブン〜♪

71112月16日、現代城の一階にセブンイレブンが開店しました。
これで夜中にお腹が減っても買い物に困りません。
昼間の事務所の近所にもセブンイレブンがあるので、昼夜とお世話になっています。
お気に入りは【牛カルビ弁当】、まったく日本の味と同じです。
強いて言えば電子レンジでの暖めが弱いかと。。。
昼食は毎日【牛カルビ弁当】と【サンドイッチ】、吉野家の牛丼からは久しく遠ざかっています。

712こんな便利なセブンイレブンでも、夜中には写真のような光景が繰り広げられています。
賞味期限が切れて廃棄された弁当類、正直な感想として気分悪いです。
床の上にゴミ袋一枚で放り出されたお弁当、一足違いで自分が食べる事になっていたかもしれないモノです。
バスケットに入れて回収するなりして欲しい所ですが、そこまでは教育されていないんでしょう。

それともう一つ、これだけの食料が廃棄されてしまう事も残念です。
西部ではまだ満足に食事ができない人がいるのに、沿岸地域では箸も付けないで捨ててしまう。
子供の頃、お茶碗のご飯粒を一つ残らず食べるように躾けられてきた僕には、見るに耐えない光景です。
【牛カルビ弁当】なら牛さんありがとう&農家のおじさんお疲れ様、ウチの親父には食べる前にマジで言わされてました。
おかげで健康なのですが、食事には妙に拘る性格になってしまいました。
Sugar Heelの女の子でも箸の使い方が悪いと注意したりと、うるさいヤツになってます。

それにしてももったいないな〜〜〜【牛カルビ弁当】
posted by Sugar Heel at 03:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上海ローソンでは「ペッパービーフ(黒椒牛排)弁当」が売り出されています。私が見ている限りでは、上海人にけっこう買われているように思いました。廃棄された個数まではわかりませんでしたが、販促用のポップもたくさん貼られて、かなりの数が陳列されていました。

日本ではコンビニでバイトしていたことがありますが、日本の場合は種類が豊富なこともあり、一種類の弁当が15個以上も配送されてくることは稀です(注:店舗立地にも左右されるでしょうけど)。しかし、上海ローソンでは昼前に陳列棚下段を埋め尽くす量の弁当が配送されていました。

また、コンビニ弁当の工場で働いていたという友人からは、びっくりするほどの量の保存料を混ぜているから、なるべく食べないほうが良いと助言をされたことがありますが、それを聞いてからもガンガン食べてます。店主さんと同じように残さず食べて、健康な体を維持してます。
Posted by コンビニ好き at 2004年12月30日 14:20
昼間の仕事のスタッフに食べさせたら【ウマイ!】と言ってました<牛カルビ弁当
中国人にもウケる味のようですね。

保存料たくさん!って話ですが、入ってない食材の方が少ないですよね。
僕は気にせず食べてます。
Posted by 店主 at 2004年12月30日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1432470

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。