2004年12月28日

日本の子供

tukou中国とはまったく関係のないお話です。
Sugar Heelにご来店頂いたお客様と会話になった【今の子供】に付いて。。。
僕には来年小学生になる男の子が居るのですが、今の学校というのは大変な状態らしいです。
教師の体罰は厳しく取り締まられ、生徒を殴って解雇される先生もいるそうです。
以前も書きましたが、僕が中高生の頃は体罰というのが当たり前で、先生は絶対という存在でした。
しかし現在の学校では、先生は生徒の親を恐れるようになっているそうです。
時代の流れは体罰禁止になっていますが、果たしてこんなんで良いのでしょうか?

僕が子供の頃は悪い事をしたら殴られて当たり前、言い訳をしようモンなら喋れなくなるまで殴られました。
ウチの親は昭和一桁なので、星一徹のような激しい性格でした。
悪い事をして殴られて、ごめんなさいと言ってうずくまっている所に更に蹴りを入れてくる親父。。。
何度寝首を掻いてやろうと思ったか知れません。
僕自身がこうやって育てられたので、僕も子供を殴ります。
殴ると言っても理不尽な殴り方はしません。
本人がコレが悪いと理解していない時に殴って教えます。
やはり言葉で言っても通じない年頃には拳で教えるしかないでしょう。
犬だって叩いてトイレを教えますからね。

今の学校では、この体罰が禁止されています。
果たしてそんなんで良いのか?
度が過ぎた体罰はモチロン反対です。
しかし、大人の言う事は絶対だという意識を植え付けないから親父狩りとかをする子供が出てきてしまうのだと思います。
大人は絶対的な存在、これをきちんと教えて欲しいと思います。

来年からは僕の息子も小学生、ウチの息子は殴られ慣れているので、ちょっとやそっとじゃ泣きません。
そんな息子でもキッチリ教育して頂ければと思います。
モチロン基本的な道徳は家庭で教えてますので。。。
posted by Sugar Heel at 03:25| Comment(7) | TrackBack(1) | 店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人の自由だ、個人の権利だ、個の尊重だ、平等だ
として、「公」としてのしつけ、道徳、教育がない
がしろにされた結果が、浮草のようにふらふらとし
た今の子供、今の日本に繋がっているのでしょう。

授業中でも先生の話を全く聞かずに好きなこと
をする子供達がいて、学級崩壊になると聞きますが、
そんな子供と同じクラスになった子供達は悲劇です。
Posted by S at 2004年12月28日 10:24
私も店主さんと同様です。なんかこのまんまじゃ、どんどんおかしな方向に進んでいきそうで。
どうなるんでしょうか?日本の将来。小皇帝が他人事でなくなるのかな。。。。
Posted by 韓国通 at 2004年12月28日 11:24
でも教育しようにも、その「教育とは何か」「何が正しくて、何が正しくないのか」「道徳とは何か」っていう昔なら当たり前のようにわかったことが、今ではわかる人が先生は勿論のこと親の中にも居なくなってきてますよねえ。

どんどん時代も変わって内容も変わっていくんでしょうけど、「別にいいんじゃない」「自分がよければそれでいんじゃない」的な発想ばかりが目につきます。

星一徹みたいな人が一杯増えればよいのですが、もう既に今日本は中国の小皇帝ばかりのような気がしますよ・・・
Posted by taro at 2004年12月28日 12:43
先日も専門の方とお話させて頂いたのですが、今の日本の教育は学業成績を重視する傾向になってしまい、道徳の授業が疎かになってしまっています。
進学する為の学問ではなく、総合的な学問というのを伝えていって欲しいです。
小学生の頃とか、道徳の授業って討論会になったりして面白かったんですよね。
僕の子供の頃は【オメェ道徳がねぇよ!】というのが喧嘩始めの決めセリフでした。
Posted by 店主 at 2004年12月28日 14:11
私はいわゆる教育新課程になる1年前に小学校にいたのですが、記憶にあるのは先生にしばかれてた事ばかりです。自分が悪いのは間違いないんですが・・・
学校で先生に怒られたなんて親にばれるもんなら更に家で怒られるから、そういう意味で通信簿とか嫌でしたねー
Posted by 風の旅団 at 2004年12月28日 23:21
中学校のときのある場面を思い出しました。

教育には、徳育 知育 体育 の 3つがある。
学校は基本的には 知育 の場なのだ。
だから、私は別に君たちが賽銭ドロボーになろうと恥じないが、捕まって警察に "天神様のゴリエキに預かろうとしたんです" なんて絶対にいわんでくれ。

そう言われました。
でも、とっても 徳 のある先生でした。
Posted by X40 at 2004年12月29日 03:21
教育問題ってのはやはり関心事なのでしょうね。
コメントが付くとは思ってませんでした。
色々なご意見ありがとうございます。
来年はウチの息子も小学生、どんな担任の先生になるのか楽しみです。
Posted by 店主 at 2004年12月29日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

先生逝ってよし
Excerpt: ちゃいすぽさんが日本の子供について書いている。前にもこんなエントリ書いたのだが、俺も今の学校とか教師については非常に不安に思っている。全て責任逃れが主目的になって動いているとしか思えない。親・学校とも..
Weblog: おやじまんのだめだこりゃ日記
Tracked: 2004-12-28 13:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。