2006年01月24日

日本語化計画

nihongo中国で長く生活していると、やはり現地の女性と仲良くなってお付き合いをするような事も多くなると思いますが、その時に皆さんは日本語を話せる女性を選びますか?それとも日本語を話せない女性を選びますか?
僕は自分自身の語学力向上の為にも日本語を”話せない”女性を選びます。
もうだいぶん中国語での生活にも慣れてきているのですが、やはり中国語のアクセントはきつい。。。
ちょっとした受け答えにもなぜか怒りの感情を受けてしまいます。
そもそもなんでそんなに大きな声で話すのか?
こっちが優しい気持ちで声を掛けても、怒られているような感覚に陥ります。
という訳で、最近日本語を話せない女性に対して、日本語を教え始めました。
一から教える日本語、、、これは呼称から何から自由自在を意味します。
日本では彼氏の事をなんて呼ぶの?との問いかけに対し、僕の頭に悪魔の囁きが。。。
「彼氏の事は”ご主人様〜♪”って呼ぶんだよ」と教え込んでしまいました。
ご主人様=ジャパニーズスタンダードと認識した彼女は、中国語の”イ尓(あなた)”の部分を”ご主人様”に置き換えて話しかけてきます。
「ご主人様 ロ乞 飯 ロ馬?」(あなた、食事しますか?)
なんという心地良い響きでしょう。。。
まだまだ日本語と中国語のミックスですが、聴覚には訴えるモノがあります。
「ご主人様」と呼ばれるだけでなぜか優しい気持ちになれます。
これで喧嘩が減る事は間違いないでしょう。
意外に簡単な事でできるストレス解消、、、皆さんもこれは教えといた方がイイゾという単語があれば教えてください。
posted by Sugar Heel at 01:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 店主の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。